【ダウンロード型紙】キャスケット


初心者でも『カッコイイ』服が作れる洋裁教室【子供用パンツ】


お待たせしました。再開します!!↓↓↓
縫った後に水で洗うと溶けてなくなる

当サイトオリジナル『ニットが上手に縫える テープ』



「初心者でも『カッコイイ服』が作れる洋裁教室」(ID:0000142694) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム

『まぐまぐ!』から発行しています。

ニット生地 セルビッチ風ストレッチデニムニット【W】(インディゴ)

価格:860円
(2012/11/17 19:34時点)
感想(0件)


【ダンボールニット】ラブリーチェック 格子柄 ポップキュート オリジナル

価格:840円
(2012/11/17 19:47時点)
感想(8件)


アラン風縄編みシャーリングニット(全8色)

価格:1,150円
(2012/11/17 19:39時点)
感想(198件)


【シーチング】レトロなスズメちゃん 「当店オリジナル生地」 アニマル 小鳥

価格:567円
(2012/11/17 19:43時点)
感想(6件)


◇綿リブニット無地カラー1【布地/生地/布】(SO21)

価格:74円
(2012/11/17 19:13時点)
感想(81件)


◇3種類のレシピ付◇ジャガードニット ぱんだ 【生地】【ニット】

価格:682円
(2012/11/17 19:29時点)
感想(20件)




ARCHIVES
CATEGORIES
アメブロにお引越し中です。
ちょとずつアメーバブログにお引越ししてます。こちらと同じ記事ですが、アメブロやってらっしゃる方、読者登録大歓迎です♪
MOBILE
qrcode
モンキーパンツ縫い方のコツ《その7》 “目からウロコのゴム穴の開け方”
ゴム1

久々の投稿です。
ウエストのゴム通し。


うちぽん♪は めんどくさいので、三つ折にしたところを一箇所あけて端ミシンをかけちゃうことが多いんです。メルマガでも、今まではこの方法をご紹介してきました。


そうすると、こんな感じで、下からゴムを入れることになり、通した後は全外にギャザーが寄るので、そこだけ浮いてるような感じになります。


履いたら内側になるので、うちぽん♪は大して気にせず、この方法でやっちゃいますが、やっぱりちゃんと作るには、下のように、脇の部分を一箇所あける方法がいいですね。


ゴム2

今回のモンキーパンツでは、こっちの方法もご紹介してます。


パンツの脇を縫うときに、あらかじめゴム穴を一箇所あけておくんですね。


脇の上端の部分をちょこっと縫って、ミシンを止め、ゴム穴の部分は縫わずにその下からまた続けて縫うわけです。


この一度ミシンを止めるのが、ほんとにめんどくさかったんですが、クライ・ムキさんの本を読んで、「なーんだ」と思うほど簡単になりました。


要するに、ミシンを「止め」ずに、一度針を上げて、糸をひっぱってゴム穴の部分をとばし、また続けて縫えばいいんですね。


え?ジョーシキでした?
ごめんなさい。うちぽん♪ははじめて気が付きました。

この辺のことも、後日メルマガでお話ししますね。


お役にたったら⇒人気blogランキングへ



そろそろなんとかしようと思ってます…⇒メインサイトA HANDMADE BOX 

■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●モンキーパンツ●
■【無料型紙】親子で着る服6種類+α
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●トレーナー●
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●Tシャツ●

ダウンロードできます!


| モンキーパンツのコツ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モンキーパンツ縫い方のコツ《その6》 “裾上げはこれが一番カンタン!”

裾1

裾は出来上がり線のカーブに沿ってアイロンをかけます。
そのあと、ジグザグミシンで縫代と本体を縫い合わせ、余分な縫代を切り落とします。


つまり、二つ折りということです。
この部分は三つ折が向いていません。

どうしてかというと、このモンキーパンツは裾が広がっているので、折りあげる縫代の幅が広いと、狭い幅にたくさんの生地が折り込まれることになって、モタついてしまうからです。


裾2

表から見ると、こんな感じです。

ジグザグミシンで、布端の処理をすると同時に、裾上げもしてしまうため、表から見える縫い目もジグザグになります。

ジグザグ模様が飾りステッチのようになって、カジュアルなアイテムにはこの方法が一番簡単でいいと思います。


もしジグザグが表から見えるのに抵抗がある方は、一度布端をジグザグミシンで処理したのち、まつり縫いなどで、裾上げしてください。


お役にたったら⇒人気blogランキングへ



そろそろなんとかしようと思ってます…⇒メインサイトA HANDMADE BOX 

■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●モンキーパンツ●
■【無料型紙】親子で着る服6種類+α
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●トレーナー●
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●Tシャツ●

ダウンロードできます!


| モンキーパンツのコツ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モンキーパンツ縫い方のコツ《その5》 “前から見るとこんな感じ”
股2

久々にモンキーパンツのコツです。

股1


マチ部分、前から見るとこんな感じです。

お尻と同様、やはり待ち針を打ちまくると、曲線が上手に縫えます。


以前も書きましたけど、内股の縫い合わせは、あまり神経質に「できあがり線」同士を合わせすぎると、うまくいきません。


市販の型紙でも同じようです。

「なるべく合わせる」くらいのおおらかな気持ちが、上手に縫うコツです。


お役にたったら⇒人気blogランキングへ



そろそろなんとかしようと思ってます…⇒メインサイトA HANDMADE BOX 

■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●モンキーパンツ●
■【無料型紙】親子で着る服6種類+α
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●トレーナー●
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●Tシャツ●

ダウンロードできます!
| モンキーパンツのコツ | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
モンキーパンツ縫い方のコツ《その4》 “股下は無理やり合わせない”
股下

モンキーパンツの股下の縫い合わせ部分です。

前パンツと後ろパンツ、そしてマチの合わせ目がなかなか合わないという方が多いんです。

市販の型紙でも同じようです。


うちぽん♪も完全にピッタリとは合いません。(笑)

もともと、凸なマチと凹な前パンツの股下を縫い合わせるわけですから、結構無理があるんですよね。


なんて、型紙つくった本人が言ったら身も蓋もないんですけど、ここを「なんとなく」合わせてクリアすると、あら不思議。立体的なモンキーパンツのお尻になるんですね〜。


というわけで、この部分は多少できあがり線がずれても大丈夫なんです。


できあがり線同士を何が何でも合わせようとすると、他にしわ寄せが来て、
かえって仕上がりが汚くなります。


「なるべく」あわせるという感じがベストです。



お役にたったら⇒人気blogランキングへ


また更新遅れてますが…⇒メインサイトA HANDMADE BOX 

■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●モンキーパンツ●
■【無料型紙】親子で着る服6種類+α
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●トレーナー●
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●Tシャツ●

ダウンロードできます!
| モンキーパンツのコツ | comments(2) | trackbacks(6) | pookmark |
モンキーパンツ縫い方のコツ《その3》 “縫代の処理もいろいろ”
マチ5

モンキーパンツ、いろんな素材で作ってみたのですが、これはマチの部分をトレーナー地にしたもの。


マチ7


ほらね、マチに使ったトレーナー地の切り端が、クルッとまるまってるでしょ。

これが初心者の方には結構嫌われるんですよね。切ったそばから丸まってくるので。


あんまり気にしないでどんどん縫っていけば何てことはないです。


ところで今回の場合、マチの方が腰が強く、かなり分厚くなってしまったので、縫代をマチ側へ倒すより、本体側へ倒した方が自然かな、と思ってそうしてみました。


端の処理は、普通のジグザグミシンで、縫代と本体を一度に縫いつけ、余りを切り落としてみました。


マチ6

表側から見ると、こんな感じです。

表側に見えてくるジグザグミシン目も、マチの外側に付くことになります。

やっぱりステッチとして見える部分には、三点ジグザグより普通のジグザグミシンの方がすっきりいくようです。


パーツ同士を縫い合わせると、表から見ると縫代を倒した方のパーツがちょっぴり膨らむというか、盛り上がります。


ですから、メルマガにURLが載っている「作り方」には、「縫代をマチ側へ倒す」と書きました。マチ部分が他より盛り上がってる方が自然かな、と思ったので。


でも、やってみたらどっちでもいけますね。


ワタシが書いた「作り方」にあんまりとらわれず、ご自由にいろいろやってみてください。



お役にたったら⇒人気blogランキングへ


また更新遅れてますが…⇒メインサイトA HANDMADE BOX 

■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●モンキーパンツ●
■【無料型紙】親子で着る服6種類+α
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●トレーナー●
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●Tシャツ●

ダウンロードできます!
| モンキーパンツのコツ | comments(2) | trackbacks(16) | pookmark |
モンキーパンツ縫い方のコツ《その2》 “マチの処理いろいろ”
マチ8


↑これは、メールマガジンでご紹介しているURLの方法で処理したマチ部分です。

一度、縫代をジグザグミシンで処理してから、直線のステッチで、縫代をマチに縫い付けて、余分な縫代を切り落としました。


裏から見ると、こうなります。↓

マチ4



次にこちら↓は、いきなり3点ジグザグ縫いで、裏の縫代をマチに縫いつけ、余分な縫代を切り落としました。

マチ3

型紙を規定の拡大率より小さくした場合、マチの曲線がきつくなりますので、縫代だけをジグザグ処理するのは細かい作業になって結構大変です。

そういうときは、こちらをオススメします。

この方法は上の方法に比べて、一手間少ないので、特にマチが小さい場合でなくても手早くできる良い方法です。

ただし、ジグザグ模様が表に出ますので、曲線に沿ってジグザグミシンを上手にかける自信がないときには、上の方法をオススメします。(特に3点ジグザグは、ガッチリ縫えてしまうので、なかなか縫い直しがききません)

マチ9

裏から見ると↑こんな感じです。

縫代の見た目は、3点ジグザグより、普通のジグザグミシンの方が、すっきりしてていいかも。

生地と違う色の糸をステッチとして効かせたいときには、普通のジグザグの方がきれいに見えます。


それに、3点ジグザグは、糸の密度が濃くなるので、マチの縁がちょっとうねる感じになっちゃいました。


ただ、ニット地と3点ジグザグはとても相性がよく、しっくり、しっかり縫えるので、ので、見えない部分の縫代の処理にはオススメです。



お役にたったら⇒人気blogランキングへ


最近ようやく更新しました⇒メインサイトA HANDMADE BOX 

■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●モンキーパンツ●
■【無料型紙】親子で着る服6種類+α
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●トレーナー●
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●Tシャツ●

ダウンロードできます!
| モンキーパンツのコツ | comments(1) | trackbacks(30) | pookmark |
モンキーパンツ縫い方のコツ《その1》 “待ち針は鬼のように!”
マチ1

さて、先日縫い方をいろいろ実験しましたので、モンキーパンツの細かい部分の仕上げのコツについて、少しずつ書いていこうと思います。


まず、最初にマチをお尻に付けるわけですが、このときは“鬼のように”待針で留めましょう。

まず、中心と端っこ同士、合印同士と合わせて打ったら、その間を写真のように待ち針で埋め尽くします。(笑)


赤い待ち針も混ざってますのでちょっと見にくいですが、均等に留めてくださいね。


で、その待ち針を打っただけの状態で表側を見ると、

マチ2

このように、すでに縫い付けられたかのように、まーるくマチがついています。


このくらい待針を打ちまくると、ずれが少なく、きれいに縫えます。

ちなみにこれは、拡大率140%(マチ部分70%)の型紙でとったパーツ。

曲線のカーブが結構きついので、初心者の方にはムズカシイかもしれませんね。


あまり拡大率を低くして、小さいサイズを作ろうとすると、この部分のカーブがきつくなりますから、初心者の方は、最初は型紙の指示どおり、200%の拡大率(マチは原寸)で、作ってみる方がいいかもしれませんね。



お役にたったらポチッ⇒人気blogランキングへ

最近ようやく更新しました⇒メインサイトA HANDMADE BOX 

■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●モンキーパンツ●
■【無料型紙】親子で着る服6種類+α
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●トレーナー●
■【無料型紙】《毎日ツカえる手作り服シリーズ》●Tシャツ●

ダウンロードできます!








| モンキーパンツのコツ | comments(5) | trackbacks(26) | pookmark |
| 1/1PAGES |